買い付け(ロサンゼルス)1/2

今回初めての海外買い付け、ということで記録として残してみました。

今回は松山空港→関空→ロサンゼルス国際空港(LAX)となります。

関空のバーガーキングで「マックチキンナゲットください!」と言って「いやウチはマックじゃないです…」のやり取りを経て搭乗。

10時間ほどのフライトは40才にはキツく、右膝の激痛に耐えながらなんとか到着。

現地時間の昼ごろにLAXに到着したのですがレンタカーの予約が翌日からという私によくありがちな痛恨のミス…。

仕方ないので、徒歩&バスで半日回ることに。

バスにどう乗るかを必死で携帯で検索し、地下鉄乗り場でTAPカード(1日券)を購入。

「元」時刻表と思われる貼り紙…

思ったよりわかりやすかったです。

初日は雨が降っていたのですが、カリフォルニアでは雨は本当に珍しいようです。

まずは徒歩で。買付を振り返ると最後までそうだったのですが、この店は「ココまで」っていう見極め時を決められなくてダラダラと見てしまうんですよね。最初の店でも「最後まで全部見たらもしかすると…」とか考えて結局2時間とか見てしまいましたがあまり抜けず。次回の買付けではその辺りを修正したいですね。

そしてバスで二店目、もう暗い…

友達に頼まれていたカセットテープも見ながらレコードを集めます。ココでは明らかに日本人と思われる(多分日本語聞こえた)撮影クルーがいまして…店内で着ぐるみのような耳付きの服を着た、購買層の年齢低そうな雑誌のモデルの撮影を行なっていました。もちろん全く目を合わせず、日本語を話せないアジア人のつもりで黙々とDIG。着ぐるみを着てDIGるフリをしていた女の子、顔は可愛かったです。でも店員のアフリカンアメリカンの女の子の方がもっと可愛かったです、顔がとにかく小さい。

MOHAWK St. !!とか感激する間も無く3店目へ

サイケロックや、ソウル、ファンクなどを抜いてレジに持っていくと「お前ソウル好きならこの7インチ良いぞ」(英語が弱いため、おそらくこんな内容だと思う)と話しかけられましたが、2枚もストックがあるレコードな上に物凄い高かったのでスルー。でもこのお店、もう2店舗ロスにあるとかで「そっちもよろしく」的にやさしく話しかけてくれて、孤独が和らいでほっとしました。次回ロス来たらまた行きます。

もうかなり遅くなって腰も疲れたし、徒歩ではこれ以上レコード持てないのでホテルへの帰路に。腕が筋肉痛になりました。

ココで…バス停に立って待っているのに全くバスが停まってくれないという事態が発生…仕方がないので道に出て両手で大きくアピールして、それでようやく停まってくれました。バス待ってる間、その辺に路駐してる車を見ましたが、窓ガラス割れまくりですし、人全然歩いてなくて怖かったです。

写真ボケてますが、帰り道に最近新築に建て替えられたと思われるLAPDを発見、感激して撮影。NETFLIX等で観る、LAが舞台の刑事モノのドラマとか想像しました。もちろん私個人はアメリカでは警察のお世話にはなってません。

ホテルに戻ってビール数本とスナック菓子を食べたところで気絶。すでに出発から24時間以上寝ていないため、気絶でした…がこの日から毎日AM3時起きというモロな時差ボケが始まります。

翌日やっとレンタカーを借りに近くの駅にあるAVISレンタカーへ。

このカウンターのおっさん、予約していないのか、とにかく長くてちょっとイライラしました。店員さんもずっとフードかぶったままだし…。やっと順番回って来て予約票を見せても首を傾げたり電話でやり取りしてブツブツもちろんフードは被ったまま…さらに待たされること30分以上、途中何か食べに行こうかと思うレベル…結局店員さんはスウェットのフードは最後まで被ったままでした。やっと地下駐車場に案内され地下の係員に冷たく「車あれな」って言われて見ると「JEEP」!?日本での予約では「小型の日本車」とのことだったんですが…ただ、見た目かっこいいので「う、うん」と納得はしましたが…。あと自分の英語力では「車換えて」と言う自信もなく…。

ということで気を取り直して出発!

期間中、二度ほど逆走しました、ロスのみなさんすみません。

高速は全体の道幅広いのに車線の幅が狭い印象でミラーぶつけそうになりながら走行、前職の影響で道端の工事の様子が気になりましたが工事や工法は日本と一緒ですね。ただ、大きい現場だと、現場付のフードトラック!が来ているところがあり、アメリカだなぁと思いました。

期間限定セールの情報を教えてもらっていましたので開店直後に行って頑張ろうと爆走して来ましたが、すでに20人くらいお客さんが…しかもこの日はセール2日目、レンタカーの予約ミスがいきなり響いています。その上みんなすでに20枚ぐらい脇にレコード抱えてる状態…でも僕も頑張って20枚くらい抜きました。

こちらでは店主と思われる方が「お前日本人か?」と嬉しそうに話しかけて来て「日本のどこだ?」って言うので「愛媛って田舎です、カントリーサイドです」と答えたところなんと「道後温泉だろ?」って!まさかココで「道後温泉」というワードを聞くとは思いませんでした。あとで知ったんですがこちらの方の奥さんは日本人とのことでした、なるほど。

なんか必死過ぎてあまりレコ屋の写真撮ってませんが数件回って体力切れ…ドラクエだとウィンドウの色がオレンジ色だったと思います。

ホテルに戻ってレコードの検品して…とか思ったんですが、やはりビールからの気絶。

と言うことで前半はこんな感じです。

facebook twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です