買い付け(ロサンゼルス)2/2

レコード屋巡りは続きます。

駐車場を探してグルグル回っていた時目にした、各家庭の裏にある女性の身長ぐらいある巨大なゴミ箱…このゴミ収集システムがアメリカだなぁ

これ午前11時ぐらいだったはず。もうこんなにお客さんが…。

この日も数件回ってヘトヘトでしたが、23時まで開いているアメーバに。

この写真僕が撮ったんですが、よく雑誌に載っているアングルと全く同じなってしまいました…これで売り場の半分くらい。

ハリウッドでは観光全くできませんでしたが、遅くまで車も人も沢山いてエネルギッシュな街です。

アメーバのレジでもらったレコード袋がすごくしっかりしていて使いやすいですね。もしかしてお金取られてるのかな…。

先日行ったレコード屋さんにレコショー情報を教えてもらい、オレンジカウンティーのレコショーに来い!と言われたのですが、その週はもう帰ってしまっているため、日曜日は SMORGASBURG の方のレコショーに行ってみました。

なんというお洒落なモール…天気も良くて、1月とは思えないぐらいの気温。

とにかくTシャツ短パンの人だらけで、スウェット一枚だと汗ばむぐらいでした。

会場入り口、入場は無料。

まさかの移動式ATM…お金使わせる気満々や…。

レコード店のテントと雑貨のブースが中心にあり、その周りをフードのブースが一周取り囲んでいる配置。

DJブースもあり。選曲がFUNKYで自ら歌ったりしながらPLAYするスタイルでカッコよかったです。

ちょうど動画でも「The Soul Searchers – Ashley’s Roachclip」かかってますね。

タコス旨そうだったなぁ、でも激並びのため断念、旨そうな屋台はどこも長蛇の列でした。

と、ここまで見ると楽しそうに見えるかもしれませんが、実際はレコードを買っては重いので車に積むため駐車場へ、また戻ってDIG…DIG…の繰り返しで汗ダーダーのお腹ペコペコの記憶しかありません。こういうところで余裕でディーラーさんと飲みながら買い付け、みたいなの…憧れます…。

入場してまずトイレの位置を確認しました。お腹が弱いわたしとしては一番大切な行動です。

こういうグッズに弱い自分としては買いまくりたい気持ちをグッと抑えてレコード代に回しました。

SKULL SNAPSもこちらで発見。なぜかフランス盤でしたが、コンディションはよかったです。

この日は10時から16時までぶっ通しでレコードを見てもうヘトヘトでした。

そういえばレコードと全く関係ないですが、後で携帯の写真フォルダを見直すとこういうアメリカ丸出しな住宅街の写真ばかり撮っていて同じような道端の写真が何枚も携帯の中に残ってました…。

友達にこれを買って来て欲しいと頼まれていたのですが、実際IN-N-OUT BURGER行って見るとものすごい車の行列に心が折れ(行列の最後尾は昼メシじゃなくて夜メシになってるだろうが!というレベル)、この友達のお土産は予定変更で手のひらサイズのオスカー像☺️に。

テープのお土産も少し確保!

結局最終日レンタカーの返却ギリギリまでレコ屋を周り続け、レンタカー返却後少しだけ近所を散歩した30分ほどが唯一の「観光」の部分でした。

最後にこの旅の最重要ミッションであった、嫁に頼まれたスノードーム数点と自分への唯一のお土産ご当地マグネットを確保して終了しました。

正直今回は反省点しかありませんでしたが、どんどん精度をあげて、皆さんにより良いレコードを適正な価格でお届けできるよう頑張ります。

次回は南部、東海岸、中西部にも行ってみたいですね。

買い付けたレコードは現在もどんどん店頭WEBSHOPへ出品しておりますのでよろしくお願いします。

帰ってきて、愛犬ポルコの甘え方がハンパない(笑)

facebook twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です